お知らせ

News

  • TOP
  • お知らせ
  • 【新型コロナ感染症まん延時の対応について】遺伝性腫瘍専門医試験・遺伝性腫瘍コーディネーター試験

【新型コロナ感染症まん延時の対応について】遺伝性腫瘍専門医試験・遺伝性腫瘍コーディネーター試験

遺伝性腫瘍専門医試験・遺伝性腫瘍コーディネーター試験

受験者 各位

 

謹啓
 平素より日本遺伝性腫瘍学会の学術活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。表記受験者各位におかれましては、当該試験の受験を申し込み頂き、試験に向かい鋭意準備中のことと拝察申し上げます。

体調不良や所属施設のルール、試験会場の閉鎖などにより受験できなかった場合には、昨年度同様以下の様な救済措置を行う予定です。

受験することが不可能な場合は、学会事務局に電子メール(jsht@herusu-shuppan.co.jp)でご連絡下さい。

 

【新型コロナ感染症まん延時の対応】


体調不良や所属施設のルール、試験会場の閉鎖などにより受験できなかった場合には、昨年度同様以下の様な救済措置を行う予定です。
受験することが不可能な場合は、学会事務局に電子メールまたは電話でご連絡して下さい。


 1.今年度振り込みの受験料を、来年度に限り繰り越して許可し、支払いは不要。
 2.今年度提出済みの申請書類は来年度に限り有効とし、再度の提出は不要。
 3.来年の受験の予定がない場合、申し出により受験料を返金。

【注意事項】


CBTソリューションズ社のホームページには、当学会以外の機関による認定試験に関する記載があります。
「試験日の振替が可能」「入金済の試験をキャンセルする場合、手数料が発生」との掲示がありますが、当学会の認定試験には該当しません。
2022年1月30日(日)以外の受験日はありません。次年度に受験してください。
体調不良や所属施設のルールなどにより受験できなかった場合、試験当日のキャンセルであっても、キャンセル料は発生しません。

以上につき、ご賢察頂き、ご対応頂きたく存じます。
皆様方の今後のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

                                             謹白

 

遺伝性腫瘍専門医・HTC制度委員会 
  担当理事・委員長 田中屋宏爾
遺伝性腫瘍専門医制度小委員会 委員長 山口達郎

遺伝性腫瘍コーディネーター小委員会 委員長 川崎優子