学術事業・セミナー

Seminar

  • TOP
  • 学術事業・セミナー
  • 遺伝性腫瘍セミナー

遺伝性腫瘍セミナー開催のご案内

プログラム(PDF)
テーマ リー・フラウメニ症候群を中心に
実行委員長 吉田 輝彦(国立がん研究センター中央病院)
プログラム委員長 田村 智英子(FMC東京クリニック)・服部 浩佳(名古屋医療センター)
形式 (1)ナレーション付きPowerPointまたは動画のWeb視聴、および、ライブ配信Webinar
(2)Web会議システムを用いたロールプレイ研修((1)の参加者の中から別途募集、人数限定※。数人のグループで行う予定。)
会期 2021年1月6日(水)~ 2021年1月31日(日)(予定)
ロールプレイは1月下旬から2月末までで別途ご案内。
会期が準備の都合上、変更となりました。
2021年1月19日(火)~ 2021年3月31日(水)
単位 本学会の資格(遺伝性腫瘍専門医、遺伝性腫瘍コーディネーター、家族性腫瘍カウンセラー)の資格取得・更新のための単位が取得できます。
HTC/FTC制度の経過措置としての申請資格における、遺伝性腫瘍セミナーの受講については1回分のみ「ロールプレーなしのセミナー受講」で申請を受け付けます。その他詳細については各制度ページをご確認ください。
臨床遺伝専門医制度10単位が取得できます。

セミナー受講受付(講義視聴のみ)終了しました。

ご注意ください

遺伝性腫瘍コーディネーター(HTC)・家族性腫瘍カウンセラー(FTC)の取得を目的として本セミナーを受講される場合、日本遺伝性腫瘍学会の会員歴3年以上、医療関係の資格を取得していること等、HTC/FTC制度の認定要件に合致している必要があります。詳しくはHTC/FTC制度規則をご参照下さい。

過去の家族性腫瘍セミナー

過去の遺伝性腫瘍アドバンストセミナー